おはようございます!あやまめです。

すっかり春の気候ですが、おかげで花粉症が飛び過ぎていて、色々とグズグズです

…ということで、今日の春秋要約です。

【春秋要約:14/3/17(月)】
マスクはPM 2.5や花粉症予防になるが、郷愁を思い出す様な「春の香り」も防いでしまう。

(マス目調整含めて40字/5分で作成)


【作成工程】

(1)本文中から気になるフレーズをチェックします。

香りに呼び止められた。夕暮れの街路を見回すと、薄紅の沈丁花が暗がりにぼんやりと浮かぶ。

推理するうちに、花の香りと60年前の情景とのむすびつきに気がつく。

紅茶にひたしたマドレーヌを口にした瞬間、忘れていた街並み、庭の花々が主人公の脳裏によみがえる。

近年、脳の記憶をつかさどる部位、海馬との関係が分かって、香りによる認知症予防などの研究も進んでいる。

先週、環境省で専門家が「PM2.5」対策を確認した。大気を汚染し、肺の病気を招きかねない。

花粉の飛散も始まり、通りには、見えない粒子があふれる。

予防は大切だが、防護マスク越しでは、春の郷愁を誘い出す、鮮やかな香りを逃しかねない。


(2)使いたいフレーズを頭の中で纏めます。

・PM2.5や花粉予防の為のマスクは


(3)なんとなくラフができそうな気がしました。書いてみます。


マスクはPM 2.5や花粉症の予防になるが、郷愁を思い出す様な「春の香り」も防いでしまう。(42文字)


(4)おしい!「2.5」が2マスカウントなので、1文字出てしまいました(泣)削ります。


マスクはPM 2.5や花粉症予防になるが、郷愁を思い出す様な「春の香り」も防いでしまう。(41文字)


(5)春秋本文を読み返して、因果に問題がないか確認します。大丈夫そうですね。


ちなみに、今日のあやまめ的ポイントは
『春の郷愁を誘い出す、鮮やかな香りを逃しかねない。』

『郷愁を思い出す様な「春の香り」』
と書き換えた事です。


春秋を読んでいない人でも『郷愁を思い出す様な「春の香り」』とあれば、それが草の香りなのか花の香りなのか、イメージが付くのでは…と考えたからです。


参考のひとつになれば嬉しいです!


sakura6


本当はマスクなんかしないで、「春の香り」を嗅ぎたいです…ハックション!!