おはようございます!あやまめです

早速ですが、今日の春秋要約です。


【春秋要約:14/3/25(火)】
麻生財務大臣は黒田日銀総裁の様に存在感をもち、財政再建と成長戦略の両立を実現せよ。

(マス目調整含め40文字/10分で作成)


きっと、今日の要約は2つの論点に分かれると思います。

…ということで、まずはいつものやつを。


【作成工程】

(1)本文中から気になるフレーズをチェックします。

いまの黒田東彦総裁の学識も幅広い。

この1年の大胆な金融緩和が企業や消費者の気持ちを変え、デフレ脱却へ道筋をつけたとの評価もある。

もちろん歴史の審判はこれから。異次元緩和も間違うと副作用を生む。安定成長に向けてカジ取りに集中してほしい。

それにしても経済運営の相方である財務相の影が薄い。

財政再建と成長戦略の両立という難題を前に、立ちすくんでいるようにみえる。

財務省に取り込まれ「言いなり」に動いてもらっても、困るけれど。

(2)使いたいフレーズを頭の中で纏めます。

・財務大臣は財務省の言いなり
・財政再建と成長戦略の両立
・影が薄い
・存在感を示す


(3)なんとなくラフができそうな気がしました。書いてみます。

麻生財務大臣は財務省の言いなりではなく、財政再建と成長戦略の両立実現に存在感を発揮せよ。(44文字)


(4)うーん…長いしシックリきません。考え直し。

麻生財務大臣は財政再建と成長戦略の両立実現に向け、存在感をもって


(5)お!できそうです!書いてみます。
麻生財務大臣は黒田日銀総裁の様に存在感をもち、財政再建と成長戦略の両立を実現せよ。(マス目調整含め40文字)


(6)本文をもう一度読んで、因果関係に問題がないか確認。

大丈夫そうですね。


さて。
ブログの冒頭で「2つの論点に分かれるのでは…」と書きました。


【論点1】
黒田日銀総裁には安定成長に向けてカジ取りに集中してほしい

【論点2】
麻生財務大臣のくだり

あやまめ的には【論点2】の方が今日の春秋の主張だと考えて作りました。


【根拠】
最後の2フレーズを逆に書いてみます。
ここにヒントがあるのでは…と考えました。

財務省に取り込まれ「言いなり」に動いてもらっても、困るけれど。

財政再建と成長戦略の両立という難題を前に、立ちすくんでいるようにみえる。


だからこそ、筆者は日銀総裁と違って影が薄いから財務相はしっかりせい!と言いたかったのではないかなぁ…と考えます。

みなさんはいかがですか?

sakura9


一気に桜のつぼみが膨らみそうな気温になりました。桜の開花まで、あともう少しです!