去年の今日、何を勉強していたのか振り返りたいと思います。

140520_2

2013/5/20(月)の総勉強時間:2時間30分


答練翌日かつ週明け月曜日ということで、控えめな勉強時間です。


ただ、苦手意識のあった財務や経済学を少しでも勉強できている点は褒めてあげたいです。


去年の私!
自分を上手くコントロールして、自分を信じて勉強するんだよ!

*****************

さて。
最近、良く相談を受ける事なので、メルマガにも書きますね。


【相談】

IS-LMをどう動かすとどうなるかがゴチャゴチャになって良く分からなくなる(泣)



【結論】

(1)グラフは極端に書く!
(2)1つのグラフで終わらせようとしない!


【例題】
クラウディングアウトが大きいのは、貨幣需要の利子弾力性が○○な時である。

経済学が苦手・キライな人は、こんな問題イヤですよね!気持ち分かります!私も1年目の経済学は酷かったですから

では、この結論を使って、IS-LMのゴチャゴチャを解決してみたいと思います。

以下のグラフをご覧ください。

140520

(1)貨幣需要の利子弾力性について聞かれているので、LM曲線を水平と垂直になるくらい、極端に書きます。

(2)IS曲線の傾きは同じ位にして、水平のLM曲線と垂直のLM曲線は隣同士に書きます。

では、IS曲線を動かしてみて下さい。

クラウディングアウトが大きいのはどっちですか?

ね。そういうことです

「経済学ではグラフを書け!」
「グラフが書ければ経済学は楽勝!」

と言われる理由は、こんなところにあるのかもしれません。

1次試験まで2カ月とちょっと!

グラフも工夫しながら経済学を乗り切って下さいね!