先週末に行われた中小企業診断士1次試験向けのLEC1次ファイナル模試・大原1次公開模擬試験を受けたみなさん!お疲れ様でした

7月の3連休中にやろうと、どちらかの模試問題を初見問題として持っている人もまだ多いかもしれませんが、これで本番までに受けられる模試は終了しました。

ここからは突き進むだけですね



さて。
ここまでの1次模試で、様々な課題が出てきた人が多いのではないでしょうか。

その中で、今日は、最近一番多く相談されることの1つ『試験本番までに計算スピードを上げる方法』について、あやまめが実際にやっていたことを書きますね。

そもそも。
私は計算スピードは早くありません
その証拠に、このブログで当時のことを振り返っています。

【診断士1次試験】そろそろ財務・会計はスピード重視に!

【計算スピードを上げる方法】
具体的には以下3点をやり続けました
・1隙間(=5分)で1問解く・解答確認
・時短できる方法を編み出す
・必ず毎日やる


以下で詳しく見ていきます。


1隙間(=5分)で1問解く・解答確認
『1隙間=5分』という単位は、あやまめが勝手に命名した単位です

1隙間の使い方は
・3~4分:1問解く
・2~1分:解答確認する

です。

スマホを使っている方はスマホの時計機能にストップウォッチが備わっているので、ぜひ使ってみて下さい。



・時短できる方法を編み出す
特に理系出身者に多いのかもしれませんが、数学の知識を使って無理矢理解いていませんか?

無理矢理解くと言うことは
・それだけ計算の手数がかかる
・計算ミスしやすくなる
・時間がとられる

という三重苦まっしぐらです


時短を実現するには
・無駄な計算はしない
・計算の手数をかけない

ことが大切です。

実際にあやまめが解いていたやり方については、以下のブログ記事にも書いています。

【診断士1次試験】H25財務・会計を使って短時間で確実に計算を解く方法を解説!
【診断士1次試験】H25の財務会計を例に極力計算をせず短時間で確実に解く方法を解説!


・必ず毎日やる
いいですか!毎日です!毎日!
辛くても2日に1回です。

スポーツのトレーニングと一緒で、財務や経済は少しやらないだけで、スピードが鈍って精度が下がります

今、「スピードが~」と言ってるみなさんなら、しばらく財務をやらなかったあとの計算がどれくらい辛かったか、分かりますよね?

受かりたいのなら毎日です!毎日!
あと1カ月だったら頑張れますよね??



以上です。
1次突破に向けた参考のひとつになれば嬉しいです!

140707-2