去年の今日、何を勉強していたのか振り返りたいと思います。

140708

2013/7/8(月)の総勉強時間:4時間35分


去年の今日は、週末に受けていたLEC模試の復習(財務・企業経営理論)をしつつ、過去問を使って、苦手な論点潰しをしていたようです。

このブログ記事でも書きましたが、超直前期の今は、模試の復習をしつつ、縦串勉強・横串勉強をバランスよくやって下さいね!その理由についても書かせて頂いています。

【診断士1次試験】超直前期は縦串勉強と横串勉強のバランスが大切!

=================

さて。
ここまで
・マンパワー
・TBC
・TAC
・LEC
・大原
と、模試を受けてきた皆さん。
復習は進んでいますか?

その中で、特に企業経営理論について
「どっちも○じゃない?」
「どっちも×じゃない?」
と悩む問題、ありませんか?
解説を読んでもナゾ。

【原因】
実は、こんなことが考えられます。
・知識不足
・作問者のクセ


知識不足なら、まぁ仕方ありません。
基礎を再度押さえましょう!

作問者のクセ。
これ、企業経営理論では本当にあります
そして、とっても困ります

受験校に通っていた時は、どうしても納得できない問題があるときには、作問者以外の先生に対して「この問題のこの答え、作問者的にはこれだって言うんですが、納得できます?」とよく聞いていました

結論は…(以下、自粛で



【解決策】
・納得できる問題だけ復習する
・正解の判断基準はあくまでも過去問!


この2点をしっかり意識しておけば、試験本番で判断に迷うことも少ないと、あやまめの経験上からも断言できます。

ちなみに、ブログの記事は戦略論についてだけ書いているのですが、この解き方は、企業経営理論すべてに使えますので、イマイチ企業経営理論の点が伸び悩んでいる…という方は、読んでみてはいかがでしょうか。

【診断士1次試験】超苦手な戦略論で点数が伸びた「解き方」

中小企業診断士1次試験まであと1カ月!
結果に後悔しない勉強をして下さいね!
あやまめも応援しています