去年の今日、何を勉強していたのか振り返りたいと思います。

140916

2013/9/16(月)の総勉強時間:1時間30分

去年の昨日は、会場受験としては最後となるMMCの第4回模試を受けていたこともあり、勉強時間が延びていません。

勉強していた内容も、受けた模試の解答(事例Ⅰ)の解きなおしと、模試で大破したキャッシュフロー計算書くらいです。

去年のこの時期は点数が飛躍的に伸びた…というころではなく、また、個人的には抱えていた体調不良がピークに達しようとしていた時期で、本当につらかったです。

今年の中小企業診断士2次試験に向けて勉強している方の中にも、去年の私の様に自身の体調不良とも戦っている人が多いのだろうなぁ…と思うと、去年の今頃の苦しさを昨日のことのように思い出します。

勉強1年目の頃から体調を崩したまま、騙しだましで走り抜けましたが、
・慢性的な睡眠不足
・夢に事例が出てくる(睡眠学習?)
・体温が常に37度前後
・原因不明の蕁麻疹
・慢性的な頭痛・肩こり・腰痛・吐き気
・体重増加

その他、ここに書けないものも多数な症状と付き合いながら、勉強を続けていたのが、ちょうど今くらいでした。

「体調悪いんだ…」と第三者に言うと、一般的には「ゆっくり休んで治してね!」となりますが、年に1度の診断士試験、おまけに超難関の2次試験の前に、ゆっくり休むだなんて、私にはできませんでした。

特に朝は、起きてはいるものの、ベッドから体を起こす事ができなかったので、横になったままでも勉強が出来るように、寝る前に
・過去問
・筆記用具
・原稿用紙
・2次のテキスト
・気付きノート(間違いノート)

などを枕元に置いて、どんな状況でも、少しでも勉強が出来る様な体制を整えていました。

ここまでやってなんとか掴み取った合格なので、中小企業診断士という資格は本当に大切にしたいという想いが強いですし、1社でも多くの中小企業を助けたいという想いも強いです。

今、体調が優れず、思うように勉強がはかどらない同志のみなさん、本当に辛かったら休んで下さいね。

「体調が悪くても休んでられないよ!」という同志のみなさん、この苦しさもあと1か月ちょっとですから!どんな試験結果でも後悔しない対策をして下さいね!