口述試験進出の発表待ちだった去年の今日、何を勉強していたのか見ていきます。

141114

2013年11月14日(木)の勉強時間:3時間50分


去年の今日は、翌日のメンタルヘルス・マネジメント検定Ⅲ種の団体受験を控えていたので、多少ではありますが追い込み勉強をしています。


実際に中小企業から相談を受けた事はありませんが、従業員のメンタルヘルスをマネジメントすることは、今後の企業経営の中では重要な柱のひとつだと、私自身は考えています。


内容はⅢ種(セルフケア)やⅡ種(ラインケア)までであれば難しくないので、興味のある方は勉強してみてはいかがでしょうか。



さて。
口述試験進出の発表待ちだった去年の今頃、まったく考えていなかったのは、診断士に合格したらどこでどのように活かそうかという点でした。

今独立している方やコンサル業をしている方、勤務先から「取れ!」という指令を受けて中小企業診断士になろうとしている人には無縁の話です。

しかし、私のように「中小企業の役に立ちたい(漠然とした夢)」「こんなことをしたいけど、どう始めたら良いかわからない」という人だったら、各都道府県の中小企業診断士協会に所属している研究会に入るのが良いと、あやまめは思います。

<理由>
・人脈の宝庫
・スキルの研鑽ができる(かも)
・実務従事ができる(かも)
・キャリアが積める(かも)

各都道府県の診断協会にはどのような研究会があるのか…という点については、以下にいくつかリンクを貼っておきますので、興味があればご覧ください。

中小企業診断協会北海道

東京都中小企業診断士協会 研究会・懇話会のご紹介

愛知県中小企業診断士協会 活動内容について

大阪府中小企業診断士協会 登録研究会のご紹介

福岡県中小企業診断士協会 協会の活動


診断士合格後の活動方法に関する参考のひとつになれば嬉しいです!