おはようございます!あやまめです
早速ですが、今日の春秋要約です。

【春秋要約:14/12/3(水)】
不良心を刺激する役者・菅原文太は晩年、無農薬有機農法の普及や平和運動に力を注いだ。

(マス目調整含め40文字/5分で作成)

【要約のポイント】
今日の主論は、
・第二段落:「そんな役回りを演じた菅原文太さんが81歳で逝った」
・第三段落:「晩年は映画を離れ、農業や平和運動に力を注いだ。」
という2点に分かれるかもしれませんね。

私は春秋本文を読んだ時に、「そんな役回りを演じた菅原文太さん(第二段落)」が「晩年は映画を離れ、農業や平和運動に力を注いだ。(第三段落)」という点が、第四段落の「「書く人」ではなかった文太さんの生涯が重なるのを感じる。」と抽象的に書いている箇所の具体化ではないかと判断し、第三段落部分を主論としました。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?

il3

菅原文太さんが蒔いた「二つの種」に水を与えて大きく成長させるのは、遺された人達の使命かもしれませんね。

菅原文太さんのご冥福を心よりお祈り致します。