口述試験進出の発表待ちだった去年の今日、何を勉強していたのか見ていきます。

141203

2013年12月3日(火)の勉強時間:2時間25分


去年の今日は2014年受験を決めたメンタルヘルス・マネジメント検定Ⅱ種の勉強と財務をしていたみたいです。

診断士に合格した今も財務会計の知識は必須です。

この時期から財務会計の勉強をコツコツと続けられていることで、今は、財務会計に対して苦手意識も薄まっている気がします。



さて。

診断士の勉強を始めてからというもの、欠かすことができなくなったSNSツールがあります。

それは、Facebookです。

勉強会活動をしている人はもちろんFacebookを活用していると思いますが、口述試験進出が決まった瞬間から、Facebookに頼る頻度が格段に上がります。
(少なくとも私の周辺では。)

例えば、同期合格グループやら、研究会のグループやら、イベントのグループやら。

診断士関連の様々なコミュニティはメールベースではなく、Facebook上で行われます。

あやまめは、診断士の勉強をし始めてからFacebookをちょこちょこ触るようになった程度でした。

友達も昔からリアルで知っている人を中心に20人~30人程度だったと思います。

しかし、口述試験進出の前後であやまめとFacebookの関わり方は大きく変化しました。

特に変化したのは、Facebookに自分の写真を晒すことになった点や、友達の数がかなり増えた点です。

中には現在、諸事情あってFacebookのアイコン写真として飼っている猫やら大好きな草花などを使っている人もいるかもしれませんが、合格をすると、名刺交換をした数時間後には名前と顔写真を見てFacebookにフツーに友達申請が飛んでくるような環境が待っています。

なぜそのような環境になるのかというと、診断士にとって、自分自身を診断士として認識してもらう広告ツールとして、先輩診断士や同期診断士から発信される診断士関連の情報を効率良く収集できる情報ツールとして、汎用性と利便性が高いのがFacebookだからかもしれません。



合格した時の事を想定して、今から少しずつ自身のFacebookをメンテナンスしておくことを、あやまめは強くオススメしたいです!

本当に損しませんから!