中小企業診断士合格後である去年の今日、何を勉強していたのか見ていきます。

150202

2014年2月2日(日)の勉強時間:10時間


実務補習の1日目・2日目が終わって、各自のパートを書く作業に入った日でした。

ここまでは順調だったんです、ここまでは…

この週の木曜日くらいになって、指導員がほぼ出来上がった内容を引っ繰り返し始めたんですよね…

はぁ…イヤなこと思い出しちゃいました


あやまめがいたチームは、自宅作業で徹夜一歩手前…くらいのところまでは行きましたが
・メンバー全員が終電まで作業
・先生の事務所で徹夜
というところまでは、いきませんでした。

しかし、1クール目の最終日の13時ごろ、銀座にある中小企業会館に書類を受け取りにったところ、まぁ、診断報告に行けない状況の知り合いがいるいる!

・これから報告書の印刷を始める班
・まだ報告書が仕上がっていない班
・先生の事務所で2徹夜明けで顔が別人になっていた人

だいたい、こんなところだったでしょうか。


指導員の先生が上手くコントロールしてくれれば良いのですが、何を意図してかしていないのか、1クール目の最終日にこのような状況になる人・班がかなりいます。

あやまめとしては、経験上、この週末までの個人作業中に以下のことができれば、徹夜や5日目もバタバタという状況は回避できると考えます。

【今週中に補習メンバー間でやること】
(1)メンバー間の進捗報告は毎日!
メールでも、Skypeでも、Facebookメッセンジャーでも!

(2)報告内容は具体的&実現可能性の高いものを心掛ける
抽象的&「今の企業体力じゃ無理!」な報告書を書くと、確実に書き直しです。

(3)他のメンバーの報告書内容もしっかり確認!
個人の進捗はチームの進捗に繋がります。
指導員から突っ込まれそうな論点はさりげなく指摘して上げるのもチームプレー。

(4)可能なら指導員に作成中の方向性がズレていないかチェックしてもらう
2月・3月は指導員も忙しくて、補習生側からガツガツ言わないと見てくれません。

以上、経験者・あやまめからのアドバイスでした。

1クール目の人、脅しじゃないですが、ここからが大変です!
しかし、達成感はありますから!
ファイトです!