中小企業診断士合格後である去年の今日、何を勉強していたのか見ていきます。

150203

2014年2月3日(月)の勉強時間:5時間25分


実務補習の一環で診断報告書を作りながら、自分の勉強と、合格体験記(後に書籍化されたもの)の作成をしてますね。

去年の今頃は通常の仕事に実務補習が加わっていることもあり、体力的にも精神的にもツラかったです…

さて。
その実務補習でツラさを味わう1年前。
勉強2年目だった今日、何を勉強していたのか見ていきます。

150203-2

2013年2月3日(日)の勉強時間:9時間2分


企業経営理論の問題を解いていたりしますが、基本的には経済学・経済政策漬けですね

個人的には、財務会計や経済学の克服なくして中小企業診断士1次試験突破はナイ!と思っていたので、一昨年の今くらいは本当に必死でした。ツラかった

ただ、少しずつ理解が進み始めると、嫌いだった経済学も好きになるから不思議です(笑)

特に。
色が消せるボールペンを使いながらグラフに色を塗ったり消したりしたことは、経済学の理解度upと点数upに繋がりました

例えば。
輸入関税が上がる時の余剰分析はこんなカンジです。

150203-3

(どこが生産者余剰で~とか書きませんよ!)

<経済学の理解度upと点数upのポイント>
・グラフを1つで済ませない。
時系列で複数のグラフを書く。
そうすると「なるほど!」となりやすい

・色付ける
可視化することで理解度が深まる

この2ポイントをコツコツ繰り返すことで、経済学の理解度も深まるし、点数も固くとれるようになります

人によるかもしれませんが、腑に落ちやすいんでしょうね、このやり方。

経済学攻略に向けて頑張っている皆さんにとって、参考の1つになれば嬉しいです!