中小企業診断士合格後である去年の今日、何を勉強していたのか見ていきます。

150213

2014年2月13日(木)の勉強時間:2時間55分


5日間コースで参加をしていた実務補習も終わり、この頃には、今と同じような勉強スタイル(朝ザイム+朝経済+その他の勉強)が出来上がっています。

今でもこのスタイルは続いているのですが、そのおかげで、診断実務上での財務診断について、苦手意識が和らいでいます。

さて。
勉強2年目だった一昨年の今日、何を勉強していたのかについても見てみましょう。

150213-2

2013年2月13日(水)の勉強時間:40分


少ない…勉強時間が少なすぎる…

勉強2年目ですら、隙間時間の使い方が上手く出来ていなかった頃だったようです

おそらく、年度末でバタバタしていたのだと思うのですが、もう少ししっかり勉強しないと、直前期になって苦しくなるのですよ!2年前の私

ただ、上の画像ではとても素晴らしい言葉を残しています。

テクニックも身につけないといけないけど、考え過ぎちゃって素直に問題本文(与件)や設問が読めなくなるのはいけない。このバランスが大切だって改めて思いました…。

本当にその通りだと、今の私も思います。

中小企業診断士2次試験で聞かれているのは、受験者個人の意見ではなくて、診断士としての多面的・論理的な客観的意見ですからね!

ただ、問題本文(与件)や設問を素直に読むということは、そんなに直ぐにできるようなことではないです。

やはり
・何度も解いて
・書いた解答をもとに
・勉強仲間とディスカッションし、
・自分の悪い解答のクセを知り
・改善をする
というカンジでPDCAサイクルを何度も何度もクルクル回して、与件や設問を素直に読めるように訓練するしかないと、あやまめは自分の経験上からもそう感じます。

コツコツ訓練、できそうですか?