おはようございます!あやまめです
今週もよろしくお願い致します!
早速ですが、今日の春秋要約です。

【春秋要約:15/5/25(月)】
歩道橋の撤去が進む要因は、景観問題・老朽化以上に高齢化のうねりであるに違いない。

(40文字/4分で作成)

【要約のポイント】
今日の主論は第四段落にある

都市になじんだ、そういう風景も変えていくのが高齢化のうねりであるに違いない。

であると考え、要約を作りました。

久しぶりに、作業過程を残しておきますね。

都市に馴染んだ歩道橋ある風景すら変えていくのが、高齢化のうねりであるに違いない。(40文字)

歩道橋ある風景すら変える要因は、高齢化のうねりであるに違いない。(32文字)

歩道橋の撤去が進む要因は、景観問題・老朽化以上に高齢化のうねりであるに違いない。(40文字)

一発書き出来たのですが、要素の不足を感じて、一旦主論だけを抜き出し、春秋本文を読みなおして40文字に再構成したというカンジです。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?

hodo1

私が生まれ育った街には歩道橋が少なくて、『歩道橋=都会』というイメージがあり、幼い頃はあこがれの存在でした。