今日は勉強2年目だった一昨年の今日、何を勉強していたのかについて見ていきます。

140708

2013年7月8日(月)の勉強時間:4時間35分

受験をし終えたLEC模試の復習をしながら、残りの期間、どの論点をどのように勉強をしていこうか、色々と考えていた時期のようです。


さて。
TACの中小企業診断士1次公開模試・解説講義(無料動画)が公開されました。

TACは例年、模試の解答冊子に記載されている解説文や無料動画から試験本番の出題論点が出ている…という「本気」を出すことがあります。

あやまめが2度目の受験だったH25年度は、財務・情報でこの傾向が強く、試験本番で問題を解きながら「動画で言ってた通りだ!」「模試の解説本にあった内容だ!」と思いながらルンルン気分で解いた記憶があります。

TACは模試の解答冊子と無料動画で本気になる(ハズ)なので、しっかりチェックして下さいね。



それから。
「本気になる」と言えば、大原。

あやまめのブログでも何度か書いていますし、合格者から聞いたという人もいるかもしれませんね。

大原は例年、中小で「本気になる」と言われていて、あやまめが1度目の受験で中小の合格を勝ち取ったときにも、大原の模試のお陰で2マークくらいは稼げました(確か)。

さらに。
あやまめが大原模試に一番助けられたのは超難化だったH25の経済です。

H25の経済は大原の経済から試験本番に2マークくらい出ていたのですが、TAC・LECともに模試では出していない論点だったので本当に救われました。

大原の模試を解いていなかったら…と思うと、今でもゾっとします…

今回の大原の模試ですが、サイトを見たところ、このブログを更新している時点ではまだ購入できるっぽいです。

勉強仲間たちと共同購入をして、三連休を使って自主模試をする際に使ってみる等、利用価値は高いのではないかと考えています。


…ということで、あやまめが「本気」を経験したことがある、大原とTACのお話でした。

勉強に使える時間は減ってきています。

だからこそ、有効に使って欲しいと、あやまめは考えます!