中小企業診断士合格後である去年の今日、何を勉強していたのか見ていきます。

150916

2014年9月16日(火)の勉強時間:4時間45分

診断士主催の研究会で事業再生系の勉強をしていた日だったようです。

診断実務をしてると、中小企業の状況によっては、事業再生に繋がっていくような話をしなければならないケースもあります。

現場にいればいるほど、診断士に求められる幅・深さを感じます。



さて。

■今日は、作った解答の読みやすさについて

模試・演習・過去問などを解いたあと、自分で作った解答を自分で読みなおしていますか?


●解答を作った3日後に見ると自分の実力が分かる

解答を作った当日に読み返すという人はいるかもしれませんが、解答作成から数日たった解答を読みなおしてみると、本当に勉強になります。


●経営学部の学生が読んで理解可能な解答になっているか

これ、まさに、あやまめが確認していた目線です。

・読みやすいか
・因果関係が成立した文章か
・点が入りそうなフレーズが入っているか

この3点を客観的に判断するには、解答を作成して3日くらい経過した方が、脳内の「思い込み」も薄らいでいて良いのではないかと考えています。

また、【診断士2次試験】40文字で1回「。」を入れられる勇気を持てるか?というブログ記事で書いたことも、チェック材料に加えてみてもいいかもしれません。


2次筆記試験の突破に向けて、後悔のない準備を進めてくださいね!