中小企業診断士合格後である去年の今日、何を勉強していたのか見ていきます。

150928

2014年9月28日(日)の勉強時間:7時間45分

この時期になると、先輩診断士の本なども積極的に読んでいました。

去年のこの日はこの本だったようです。

(リンク先はAmazonです)



さて。


■受験校の授業が終わる時期になりましたね

オプション授業がある学校もあるようですが、基本的には、受験校での授業がそろそろ終わる頃ですね。

仕事や家庭のことで忙しい中、本当によく頑張ってここまで通ったと思います。

独学の人とはまた異なる苦労があったのではないでしょうか。

お疲れ様でした!


●ここから1か月の過ごし方を間違えると診断士試験当日に後悔する

授業がなくなったここからは、基本的には自分との闘いです。

自分の弱点を1つずつコツコツと減らしていくことが大切です。

そのためにも、

・自分の弱点は何か?
・それを克服する方法は何か?
・具体的にはどのようなトレーニングをするか?
・何をもってゴールとするのか

については、自分で自分を診断し、助言し、実行して下さい。

中小企業診断士になろうとしている人であるなら、まず、自分に客観的な診断と助言をしましょう。


●基本は過去問だけで大丈夫!

所見問題をどうしても解きたい場合を除いて、残り1か月に解く問題は過去問だけで大丈夫です!

学校の問題を解き続けてしまうと過去問との間にどうしても生じてしまう『差』によって、せっかく作り上げた感覚が崩れてしまうことがあります

あと。
1次知識のメリット・デメリットあたりは試験直前までしっかり暗記して、使えるようになったか、毎日の過去問解きの際に確認する作業も忘れないようにして下さいね。

<覚えたいメリデメはこちら!>




●他人に厳しく自分に甘い人は多分、合格できない

この時期ですから、色々なタイプの受験生の方から相談を受けます。

その中で、つい、「大丈夫かなぁ…合格できるかなぁ…」と思ってしまう人たちの特徴を最後に書いておきますね。

・自分にダメ出しするだけで改善策をつくらない
・改善策を作ってもトレーニングしない
・気分がノッた時だけ勉強をしている
・仕事が忙しい事を勉強時間がとれない言い訳にしている
・他人からの助言を聞いているフリをして実はスルーしている
・自分の話を聞いて欲しくて話し続ける

このブログを読んでくださっている皆さんは、この6項目には当てはまっていないですよね?

試験本番まで1か月弱。
今まで以上に自分と向き合い、1つでも弱点を減らすトレーニングを続けてください!