おはようございます!あやまめです。
昨日は新聞休刊日だったので、日曜日ぶりの春秋要約です。


【春秋要約:15/11/10(火)】
大学後半に長く没個性を強いられるシューカツを変えられるかが、大衆化した今の難問だ。

(マス目調整含め40文字/3分で作成)

【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである

「いちご白書」の昔よりも大学がずっと大衆化した社会の難問である。

であると考え、要約を作りました。

主論にに補う主語は、第四段落の

そんな状況をどうしたら変えられるか。

としました。

また、「そんな状況」の具体化は、同じく第四段落の

大学生活の後半はシューカツが重苦しくのしかかり、みんながみんな一斉に、リクルートスーツに身を固めた集団行動を余儀なくされる。

を「つまりどういうこと」という観点で概念上げして纏めています。

まるで、中小企業診断士2次筆記試験の事例Ⅰで解答を作るかのような作業でした…

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?

rirekisho

来年の就職活動は6月解禁となったようですが、それでも、もう少し根本的な部分で変わって欲しいなぁと思います。