ちょこちょこ外出をしていますが、この土日はパソコン作業です。
  • 業界団体の執筆
  • 中小企業の社長さん向け執筆
  • 診断報告書の作成
  • 提言内容の骨子作成
などなど。

診断士の活動、特に書き物関連の活動って、なぜか締切日が似てきます。

どこにもご迷惑をかけないように、診断実務を受ける時に調整している「つもり」なのですが…
pc
今日はちょっと思い出した事があるので、試験対策の話、というよりは、診断士実務の話をしたいと思います。

(NDAに引っかかる内容は入っていませんので、ご安心ください)


●診断士ってまだまだマイナー

診断士に囲まれていると感覚が鈍化しますが、中小企業の社長さんたちと話をしていると、本当に実感します。

中小企業診断士という資格は、まだまだマイナーです。

「知ってるよ!」と言ってくださるだけで感動します。

ただ。
この「知ってるよ!」の後に続く言葉が問題です。


●「診断士にも高いカネ払わないとダメなんでしょ?」

この、「にも」がポイントです。
巷のコンサルタントと同じように診断士「にも」高いお金を払わないと診てくれないんでしょ?
ということです。

この手の誤解、本当に多いです。

診断士だけで集まり情報共有をすることも時には大切ですが、診断士1年目の中盤くらいからは「診断士として1人でも多くの人に活動内容を話をして、良い口コミが広まるようにしないと…」という思いで、外に向けて活動をすることのほうが増えました。

●「こんな会社どうせ潰れるよって言われるんだろうな…」

この、とある中小企業の社長さんから言われた一言は、今でも一番心に残っています。

そして、その時のことを思い出すだけで、今でも涙が出ます。

自分では「この会社の役に立ちたい」と思って、色々なお話を社長から聞きました。

社長からも「隠すことは何ひとつないので、会社を診断する上で必要な数字・情報があれば、いつでも連絡をして下さい」と言ってくださっていました。

だからこそ、ショックだったというか…。

「私自身の力不足で『上から目線』に見えたのかなぁ」
「どれだけ不安な思いをさせてしまったんだろう」
「診断士そのものも『上から目線』に思われているのかなぁ」


色々と考えました。

でも、まずは結果で示すしかないと考えて診断実務をしました。

この体験があってから、それまで以上に、発する言葉ひとつ、身につける物・持ち物ひとつにも気をつけています。

※この社長さんからは継続支援の要請を受けていて、今でもお付き合いがあります。


●診断士の「あるべき姿」は試験対策で学べる

診断実務をすればするほど、診断士としての「あるべき姿」は試験対策を通じて学ぶことができるなぁと実感しています。

上から目線の言動は、思考にも、文章にも現れます。

提示した改善案を信じて実行してもらうには、客観的なデータと説明力が大切です。

「合格したら覚えた知識は忘れてもOK」というわけにはいきません。

診断士として実務をしていく限り、社長から聞かれたことに対して何でも答えることができる必要があるからです。

そうでなければ、社長から頼りにはされません。

だからですかね。
診断士試験は「人間矯正力のある試験」だと言われることもあります。

診断実務上で求められていることが1次・2次筆記・口述と3つある試験にバランスよく含まれている「中小企業診断士試験」って、本当に素晴らしい国家試験です。


来年の診断士試験に向けて勉強している人。
口述試験進出の発表日を待っている人。

これまで、辛く苦しい思いをたくさんしてきたと思います。

もしかしたら、結果次第ではその辛く苦しい日を繰り返すこともあるでしょう。

でも、大丈夫です。
診断士になったら、その辛さ・苦しさが全て中小企業支援に役立ちますから。

無駄になりませんから。


今日も診断士になるその日のために診断士試験対策の勉強をコツコツしていって欲しいと、私は思っています。