来週の今日はH27年度2次口述試験への進出者発表日ですね。

今日は、私がH25年度の時に体験した『口述試験に進めたと分かった瞬間から過ごした1日』を書き残しておきたいと思います。
141206

●受験票or受験票の写メは忘れずに

口述試験進出者の発表日は、どちらに転んでも『区切りの日』です。

午前10時には中小企業診断協会のホームページで口述試験への進出者が発表されます。

仕事に支障が…と考えて帰宅をしてから見ようと思っている人がいるかもしれませんが、どうせ気になるものです。

とっとと見てしまうことを、私はオススメします。

そのためにも、受験票(受験票を映した写真)は忘れずに持って、仕事先に出かけて下さいね。
151204-1

●私は10時ちょうどに発表を見れなかった

その日は全社会議中でして…発表の合間を見計らって、番号がないことを確認しようと、受験番号を書いたメモを片手にiPhoneから中小企業診断協会のホームページを見にました。


●おかしい…私の受験番号がある…

自分の受験番号がない前提で中小企業診断協会のホームページを見たわけですから。

メモする数字を間違えたのかと思って受験票の画像も見ましたが、メモした受験番号と一致しています。


●私とうとう狂ったのかもしれない…

そう思い、PCを触れる時間になってから、「Ctrl+F」で検索窓を出して自分の受験番号を入力して「Enter」をしました。

…ある。私の受験番号がある。

口述試験に進めたのかもしれない。


●手の震えが止まらなくなりました

口述試験に進めると思っていませんでしたから、「嬉しい」という感情はゼロで「口述試験の準備をしないと…」という気持ちが強くなりました。

このあと、診断士に登録してから現在に至るまで「合格して嬉しい」という感情にはならずに、ここまできています。


●連絡!連絡しないと!

まずは親に電話連絡をしました。

親も落ちていると思っていたようで、とても驚いていた事を覚えています。

次に、震える手でお世話になった講師にメールをしました。

そして、上の画像にもあるように、スタプラに書き込み。

リアルな勉強仲間への報告(Facebook)は19時過ぎと一番遅かったと思います。


●あ!模擬面接を申し込まないと!

スタプラに口述に進出出来た旨の報告を書きながら、ふと思い出しました。

先輩診断士が「口述対策(模擬面接)は自分でやるには限界があるし、枠が少ないから発表を見た瞬間に申し込んだ方がいいよ!」と言っていたことを。

そこで、昼休みの時間帯に受験校+αで開催する模擬面接会の申し込みをしました。

H27年度の口述対策(面接形式)のうち、12/4(金)18時時点で判明しているものは以下の通りでした。

TAC2次口述試験対策(模擬面接)12/11~受付開始<全国>

LEC口述カウンセリング(模擬面接)予約受付は12月11日(金)13:00より開始<中野・梅田>

2015年度2次口述試験対策セミナー(中小企業政策研究会)<東京>

タキプロ絶対合格!! 口述対策セミナー2015 in 名古屋のご案内

「タキプロ絶対合格!口述対策セミナー2015年 in 東京」開催のお知らせ

中小企業診断士試験 一発合格道場 口述セミナー<東京・名古屋・大阪>
「※詳細及び参加申込は12月11日(金)12時よりお知らせ致します」とのこと

ちなみに、私がどのくらい口述対策(模擬面接)を受けたかということについては、【診断士2次筆記~口述まで】今のうちから12/11(金)~12/19(土)の予定を空けておくと色々と助かるというブログに書きましたので、よかったらご覧ください。


●あ!有給休暇の根回しもしないと!

しっかり準備と対策をすれば、口述試験は間違いなく通ります。

するとその次に待っているのは実務補習です。

診断士は合格から3年以内に15日相当の診断実務を実施しないと、登録ができません。

実務補習は5日間コースと15日コースがあります。

どんなに忙しい人でも来年2月の実務補習5日間コースは取得しておくべきです。

日程はすでに中小企業診断協会のホームページで『平成28年2月実施分』として公開されています。

有給休暇の取得が必要な人は、今のうちから同僚・上司に根回しをしておいたほうがいいです、本当に。


●あ!問題と解答を見なおさないと!

そんなこんなで昼休みが過ぎ、落ち着いて仕事をし始めるのですが、ふと、思い出します。

「受験した問題と解答を見直さないと」と。

この時に、【診断士2次試験】受験校の解答速報を見たくなくてもコレだけはやる!というブログ記事で書いたことが役に立ちます。

よかったら参考にして下さい。


●夜は飲んでるヒマはない!

そんなこんなで、問題と解答を見直しつつ、「おめでとう」という言葉にお返事をしつつ、口述進出者の発表日である金曜日の夜を過ごすことになります。

お酒好きの私も、飲んでるヒマはありませんでした。

飲んでるヒマがあるなら、何も見なくても事例企業のことをスラスラ言えるように問題・設問・解答を暗記したほうがマシだと思ったのです。

ちなみに、私はその日、お風呂に入りながらTACの2次筆記試験分析会(無料動画)を見ていました(茹であがりそうになりました)。

H27年度のTAC2次筆記試験分析会の無料動画リンクも貼っておきますね。


●こんな1日を過ごしていました

今思い出しても、口述進出が分かった日って、少しも嬉しい気持ちにならなかったのです。

いつだかのブログ記事に書いた気もしますが、「口述の準備をしなきゃ」という気持ちと、支えてくれた人たちへの「ありがとう」だけでした。

こんな気持ちになったのは私だけかと思ったのですが、合格同期もみんな同意見だったので、意外とそういうものなのかもしれません。


来週の今日という日に向けて、私の経験が参考のひとつになれば嬉しいです。