今日は勉強2年目だった3年前の今日、何を勉強していたのかについて見ていきます。
140118
2013年1月18日(金)の勉強時間:1時間44分

翌々日に運営管理の答練を控えていたので、基礎問題の固めるための問題集である「スピード問題集」を解きながら
  • 正しく理解できていること
  • 答えは当たっていても正誤があやふやなもの
  • サッパリ記憶にないもの
を、選り分けて知識補充をしていた時期です。

2016年度(H28年度)合格目標の「スピ問」はコレですね。

(リンク先はAmazonです)


1点足りずに不合格だったとはいえ、基本的な知識は押さえられていたので、答練前々日でも2時間弱の勉強…で自分のことを許していたのでしょうね。

さて。


■3科目めの答練が終わった頃ですね

学校・受験年数・残り科目数によって進度は異なると思いますが、ストレート合格を目指している人にとっては、今って、そろそろ3科目めの授業が終わった頃ですよね。

1次試験7科目って結構多いので「はいこの科目終わった!はい次!」と、次へ次へと気持ちが向かいがちです。

しかし、ちょっと待って下さい。


■前の2科目の内容って覚えていますか?

合格したいなら、次の科目を勉強する前に既に終わっている科目の過去問・基本問題(スピード問題集、トレーニングなどの学校教材)を解きなおして欲しいのです。

きっと、笑っちゃうほど忘れていると思います。

「あんなに勉強していたのに忘れているだなんて…」とショックを受けるかもしれませんが、そのショックは今受けておくことに意味があるのです。


■7科目終わるまで全く解きなおさないと…

7科目が終わる頃って、GW前です。

残り3か月ちょっと前になって、ようやく7科目の基本授業が終わるのです。

そんな直前期に入ろうとしている時期まで習い終わった科目の問題を1度も解きなおさないと、
知識を相当忘れていることに絶望する

焦る

問題を解きまくる

「答え」を覚えている=問題が解けると勘違いする

直前期の模試で初見問題に対応できない

焦る


という負のループに陥る可能性があります。

この負のループに陥ったのは、勉強1年目の時の私です。

次の科目にばかり目がいって、終わった科目の問題は解きなおさないし、大嫌いなもんだから財務会計からは逃げるし…でした。

結果は中小以外の6科目が全滅という惨憺たる状況でした。

これから診断士1次試験にチャレンジする方には、私のような精神ばかり疲弊して結果に繋がらない勉強をして欲しくないです。

毎科目、次の科目に行く前に、これまで終わってきた科目を解きなおして振り返る時間を設けてみて下さい。

後々、絶対後悔しませんから!