おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:16/1/21(木)】
司法を軽んじ衆院「1票の格差」問題と真摯に向き合わぬ自民党は何と「横着い」ことか。

(マス目調整含め40文字/4分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである
そういう小ずるい不届き者には、やはり「横着い」という言葉がピタリとはまる。
であると考え、要約を作りました。

この主論の書き方を残そうと思うと、第四段落にある
どうせ混乱を招くような判決は出せないと高をくくっているわけだ。
のニュアンスを40文字に入れ込めなくなるので、主論を「小ずるい不届き者って横着いよねぇ」という直接的な言い方に変化させて40文字の軸としました。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?
cat4
「丈夫い」「横着い」という言い方があるのですね。

また1つ、勉強になりました!(_ _)