今日は勉強2年目だった3年前の今日、何を勉強していたのかについて見ていきます。
140202
2013年2月2日(土)の勉強時間:5時間34分

1週間後に経済学・経済政策の養成答練を控えていたので、経済学で曖昧な論点潰しをすべく「横串」で勉強をしていた頃です。

 受験校特有の用語なのかもしれませんが…  
 横串=過去問や問題集を論点別に解くこと

 縦串=試験本番同様の内容・時間で解くこと

 です。

勉強1年目で経済学の勉強をしている人も、経済学を残してしまっている1次リベンジ組の人も、今のうちは論点を理解することを重視した勉強で大丈夫です(経験上)。

しかし、横串ばかりで勉強していると、答練・模試・試験本番になった時に
  • 時間が足りない
  • 凡ミス満載だった
ということになります。

そのため、答練・模試・試験本番前にには60分で解くという縦軸での勉強(タイムトライアル)も必要です。

詳しい勉強法は【診断士1次試験】経済学の養成答練で少しでも良い点数が取りたい人へというブログ記事でも紹介しているので、答練・模試・試験本前の調整方法の参考として活用してください。


■経済学でつまずくポイントは3つ!


こちらも私自身の経験上ではありますが、経済学でつまづくポイントは
  • 暗記不足
  • 計算・図で解決する問題が苦手
  • 両方
のどれかです。

「両方」はどうしようもないので毎日コツコツと頑張ってほしいのですが、計算・図関連の問題は一度しっかり理解できてしまえば、このあと他の科目の勉強に時間を取られて経済学の勉強をする機会が減ったとしても体が覚えています

あとは、効率よく暗記モノを暗記できるか…にかかっています。

日々の勉強の中で「これは暗記系? 計算・図系?」を意識して、それごとに横軸で自主トレをして対策することも、よい勉強法です。


今の時期、経済学の内容が意味不明で涙が出そうな人がいるかもしれませんが、ここを乗り越えられないと診断士試験合格に近づくことができません。

歯を食いしばって、毎日少しずつでもコツコツと勉強を続けて下さいね!