今日は勉強2年目だった3年前の今日、何を勉強していたのかについて見ていきます。
140315_2
2013年3月15日(金)の勉強時間:0時間20分

寒暖の差が激しくスギ花粉が飛ぶ今の時期、受験生の中にも体調を崩している人がいるかもしれませんね。

「早く勉強しなくちゃ」
「周りの受験生に置いていかれる」

そんな気持ちはあると思いますが、ここはゆっくり休んで下さい。

そして、どうしても休んでいる間に勉強をするなら、脳内で自分で自分に講義を。


さて。

企業経営理論

一番最初に勉強をした人が多いであろう、企業経営理論。

問題を解く感覚、残っていますか?

ここ数か月も企業経営理論を解いていないという人がいるなら、結構キケンです。

今週中に1度は企業経営理論を解いてみて下さいね。

そして。

受験校に通っている人であれば既に常識となっているとは思いますが、企業経営理論の労基法あたりは、今の時期も、試験直前も、あまり突っ込んで勉強してはダメです。

なぜなら、社会保険労務士の資格をもっている人ですら「???」となるような問題が出題されるから。

そんな難易度の高い分野に、みなさんの大切な時間を使いますか?

もっと確実に点数を取らなければならない様な頻出論点はありませんか?

合格基準は6割です。

周りが捨てる論点は素直に捨てましょう。

そして周りが捨てない論点は点差がつかないように、しっかり押さえて下さいね。

■どうしても労基法まわりを勉強したいなら?

  • 過去問に出ている論点
  • 答練に出た論点
  • 模試に出た論点
この範囲内で勉強をしてください。

深追い禁止!

大丈夫です。日本語のニュアンスを読み取れれば1問くらいは当てられます(経験談)。

■本当の勝負は労基法まわり以外!

  • 戦略論で自滅しないか
  • 組織論で固く取れるか
  • マーケでしがみつくことができるか
この3つを意識して手堅く勉強をしていれば、6割近くは取れるはずです。

しっかり勉強するところと、捨てるところの加減を間違えないように、勉強を進めていって下さいね!