おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:16/3/28(月)】
戦没者遺骨収集法の成立は「軽き箱」に泣いた遺族に報いる為にも逃してはならぬ機会だ。

(マス目調整含め40文字/2分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである

戦後70年を過ぎて、逃してはならぬ機会である。

であると考え、要約を作りました。

主論に対して主語と因果の「因」部分を追加して40文字としました。

因果の「因」部分については、第四段落の

一柱でも多くの遺骨を遺族に届け、かつて「軽き箱」に泣いた人たちに報いなければなるまい。

から要素を抽出しています。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?
grave

不勉強が祟り、今日の春秋を読んで「戦没者遺骨収集推進法」という法律が成立していた事を知りました。

一柱でも多くの遺骨が遺族に届きますように…。