おはようございます!あやまめです。
機能は新聞休刊日だったので、
日曜日ぶりとなる春秋要約です。


【春秋要約:16/4/12(火)】
日銀は物価上昇2%達成に向け、賃金・社会保障への不安もつ国民との対話力を磨くべきだ。

(マス目調整含め40文字/3分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである

緩和から4年目なりの練れた「対話力」を磨くべき時だろう。

であると考え、要約を作りました。

いつも、春秋本文からの「抜き」で春秋要約を作ろうとしている人は、今日のこの主論に主語を加えて、

日銀は今まさにデフレ脱却に向け、異次元緩和から4年目なりの対話力を磨くべき時だ。
(40文字)


とかでも問題なさそうですね。

私は、今日の日経春秋の本文(第四段落)にある

期待や消費が上向かないのは、賃金の伸び悩みや社会保障への不安が大きいからだろうが、サプライズに頼って強気を崩さぬ日銀の政策への気がかりも影響してはいまいか。

も使ってみようと思い、40文字に要素を入れてみました。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?
cat6
円高株安が進行している今、「物価上昇2%」達成は難しいのかもしれませんね。