おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:16/4/24(日)】
私は復興に向け市民を鼓舞できる「街のアイデンティティー」熊本城の修復を見守りたい。

(マス目調整含め40文字/2分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落にある

修復を末永く見守りたい。

であると考えて、要約を作成しました。

主論に
  • 主語
  • 「何の」
の部分を補うと、

私は熊本城の修復を末永く見守りたい。

になります。

次に、「どんな熊本城なのか」の部分を具体化して40文字にしました。

使った要素は、第三段落の

限られた復興への予算の中、文化財の修復は後回しになりがちだが「街のアイデンティティー」の立ち直りは市民を鼓舞するだろう。

です。

40文字に纏める際に文字が多少オーバーすることが予想でしたので、文章の意味を大きく変化させない程度で

末長く

を落として、40文字としました。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?
kumamoto2
3.11では私の地元も被災しました。

その際に復興に向けた市民の支えとなったのは、その街に昔からある建物でした。

熊本市民にとっては、それが熊本城なのだと思います。