今日は勉強2年目だった3年前の今日、何を勉強していたのかについて見ていきます。
140425
2013年4月25日(木)の勉強時間:3時間30分

  • 経済学・経済政策
  • 財務会計
  • 運営管理
  • 要求解釈の自主トレ
  • 春秋要約
という勉強内容でした。

1次試験向けの勉強の隙間で、飽きたら2次の勉強をするという日だったようです。

勉強に飽きたら他の勉強をするっていう勉強のやり方、オススメです。

診断士試験は科目ごとに脳を使う場所が違うように感じます。

そのため、勉強に飽きたら勉強というスタンスで普段から勉強をしていると、自然と科目切り替えスイッチが作動しやすくなります

勉強2年目で残っていた6科目をなんとか合格できたのは、科目切り替えスイッチを使えるようになったおかげだと思っています。


さて。

上の画像を見て、週明けからイライラしました。

原因はこの文章です。

米国グーグルには検索最大手の責任を自覚し、個人の名誉を守る策を出すことが望まれる。
(マス目調整含め40文字)

いかがですか?イライラしませんか?


■この要約文がイライラする理由


  1. 主語がない
  2. 主語っぽい単語が人じゃない
  3. 前後を繋ぐのは「and」じゃない

この3つです。

特に、上2つの理由がイライラの張本人だと思われます。
  • 思う
  • 考える
  • 望む
という「脳や心がないと成立しない」動詞を使う場合、主語は人の要素が含んまれていないと辻褄が合わないのです。

なのに。

主語はないし、主語っぽい単語(米国グーグル)は人じゃないし。

主語を人にしないなら、最低でも「人から」という文言を入れておかないと文章がヘンになるのに。

あ~!!!

3年前の自分が作った文章にイライラします…


3年後の私が修正するなら、こんなカンジでしょうか。

検索最大手・米国グーグルは個人の名誉を守る策を提示するよう、世間から望まれている。


■採点者をイライラさせない文章を!


今回、私は過去の私が作った文章にイライラしました。

皆さんは自分の作った文章を読む第三者に対して、イライラを提供したりしていませんか?

今のうちにチェックをしておかないと、試験本番後に採点者をイライラさせて「また来年ね」な採点をされる…かもしれません。

自分の解答に
  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • なにを(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)
という5W1Hがしっかり含まれているか、確認してみてはいかがでしょうか!