おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:16/5/18(水)】
落ちた権威を取り戻す手段として習近平が自分をカリスマ化する事だけは止めて欲しい。

(マス目調整含め40文字/7分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである

何とも方向感が見えないが、個人崇拝という禁断の果実だけは口にしないでほしいものだ。

であると考え、要約を作りました。

ここまではいつも通りの速度でできたのですが、

個人崇拝という禁断の果実だけは口にしないで

を、今日の春秋本文を読んでいない人に対してどのように分かりやすく具体化するかと考えた時に、非常に苦労しました。

主論の文末が「欲しい」なので「私は」を主語とするところでしょうが、「私は」を主語にしてしまうと「欲しい」までが上手く繋がらなくなってしまうのです。

さらに、主語を「●●だけは」すると、次は

個人崇拝という禁断の果実

を具体化する為に必要な文字数が多すぎて40文字にはまらないのです。

…ということで、今日の春秋要約は完全に「置き」にいっています。

ただ、診断士2次試験対策という観点で見た時には、余計なマイナス点を作らないための「置き方」を練習するには、今日の春秋本文は良い題材かもしれません。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?
tiananmen
今の習近平体制はどちらを向いていくようになるのでしょうね…