おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:16/6/24(金)】
私達に必要な技量は参院選候補者の言葉が増悪を煽る芝居か理性への訴えか見極める力だ。

(マス目調整含め40文字/3分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである

私たちも聞き手としての技量が要る。

であると考え、要約を作りました。

私たち

と並列関係にある海外の情勢のことまでを要約文に入れようとすると40文字では収まらなくなるか、入れるべき要素を落とさなければならない危険性が出てくるので、今回は国内の情勢についてのみフォーカスを当てて40文字にしています。

どんな

聞き手としての技量

という点を具体化するために、第四段落の

日本も今、まさに選挙の季節。駅前で候補者たちがマイクを握る。憎悪をあおる芝居めいた言葉か、理性に訴える言葉か。

から要素を抽出して40文字に反映させています。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?
election
候補者の資質はもちろん、選ぶ私達の力も必要ですね。

みなさんは候補者のどこを見ていますか?