今日は勉強2年目だった3年前の今日の勉強記録を見つけて、ちょっと「私、良い追い込み方をしていた」と思えたので、今日はその話を書き残しておきます。

これです↓
(画像、長いです…)
140721
2013年7月21日(日)の勉強時間:8時間5分


■事の始めは…

朝経済での「消費動向理論」に関する問題解き。

「正しく理解できていないかもしれない…」

と思ったようで、横軸勉を始めています。

この対応、今の私から見ても正しかったと思います。


■なぜなら…

  • スルツキー
  • 上級財・中立財・下級財・ギッフェン財
  • 所得消費曲線
あたりは、手を変え品を変え、毎年、絶対、何かしらは出題されるからです。

問題の難易度別に解いていたことも良いことなのですが、
  • テキスト
  • 答練・模試の解答
を脇に置いて、図を書きながら理屈で押さえる勉強をしていたことが素晴らしいと感じました。

今の時期、時間の足りなさに気が付いて「経済学は暗記で乗り切ろう」と思っている人がいると思います。

しかし、経済学がエンジェル科目化しないかぎり、経済学の問題を暗記だけで乗り切るのは無理です。

なぜなら、図を書けて理屈が分かれば解ける論点は、似たような問題は出題されても、まったく同じ問題がは出題されないからです。

暗記していた内容で解けないと、試験中にパニック状態になり、冷静な判断ができなくなります

全試験の1科目でパニック状態に陥ってしまうと、財務会計よりあとに受ける試験に悪影響が出ます。

それは即ち、今年の1次試験の終焉を意味します。

なんとしてでも、こんな最悪な状態は避けたいところです。

(ちなみに、私がこの状態になったH24年試験。案の定、中小しか合格できませんでした)


■図を書いた上で、理屈で正解まで辿りつける

まだ時間はあります。
今からでも遅くなりません。

図を書いた上で理屈で正解まで辿りつける状態にしましょう。

経済学において丸暗記で何とかいけるのは、
  • 古典派
  • 新古典派
  • ケインズ派
といった学説に関する部分だけです。

  • マンデルフレミング
  • 余剰(関税、補助金)
  • スルツキー
は正しく図を書けて理屈が腑に落ちていれば、必ず正解できるはずなのです。


時間が足らないからと言って勉強方法をショートカットしようとしていませんか?

基本が分からないからと言って暗記で押し通そうとしていませんか?

解答の選択肢を忘れた問題で今解けないなら、試験本番でも解けません。


問題が解けないことに今、気付けたことがラッキーです。

しっかり基本に戻って、理屈で問題が解けるように、脳に論点を刷りこませて下さいね。

大丈夫。

前年にカンを除くと40点しか取れなかったのに、直前期にこのような勉強をした結果、難化したH25年の経済学でゲタなしの60点を取れて他科目の足を引っ張らずに済んだ…という人がここにいますから。

大丈夫。
やれることは、まだ、ありますから!


あと2週間しかないのか、まだ2週間あるのか。

1問4点を確実にGETできるかどうかは、考え方と勉強方法1つではないかと、私はそう思います。

ファイトです!