試験が近づけば近づくほど、勉強時の孤独度は高まっていきます。

今日は勉強2年目だった3年前の今日、こんな勉強をしていたのですが…
140727
2013年7月27日(土)の勉強時間:8時間3分

通っていた学校の自習室に行く時間も化粧をしている時間も勿体なく感じて、スッピンで自宅近くの図書館に籠っていた日だったと思います。

自分と自分が対峙する時間。

集中しているので時間の経過を早く感じます。

そして、ふと集中が切れると、何とも言えない不安が襲ってきます。

しかし、その場には自分1人。
誰にも愚痴は言えません。

試験直前は自分との精神的な戦いもしなければならず、本当に辛かった記憶があります。

そして、当時、こんなことをやってくれる受験校があればよかったのに…と今でも思います。


■試験1週間前の土日に特別講義!

TACやLECでは、試験1週間前の土日である7/30(土)・31(日)に、特別講義を開催するようです。

●TAC

TAC:1次本試験直前!問題演習で知識の最終確認!「1次【財務・会計】ファイナルゼミ」7・8月開講!

リンク先はPDFです。

難化予想のある財務会計について、特別講習が行われるようです(八重洲校は8/1・8/2ですね)。

関東3校舎で教える先生はそれこそ、財務会計の教え方に定評のある先生ばかりです。

●LEC

LEC:【7/30(土)17:00~ 新宿エルタワー本校 実施】(全国同時配信あり)

これは全科目対象である上に、試験に挑む際の心構え等の話が聞けるようです。


LEC:【新橋本校7/31(日)開催】【道場】付属統計資料+小規模企業対策 要点整理道場

去年、満員御礼だった中小の対策講義のようです。

中小は出題されそうなポイントがあるので、最後の最後にプロの意見を聞くのはアリではないでしょうか。


■この時期に受験生と会えるメリット

思いを口から吐き出すことって本当に大切です。

会場で知っている受験生を見かけたら、声をかけて話をすることができますよね。

知っている人がいなくても講師に相談ができるだけでも気持ちが軽くなるものです。

また、勉強を頑張っている受験生に直接会えることで、モチベーションの更なる向上にも繋がります。

私はTAC・LECの回し者ではありませんが、こういう機会を使うことで自分自身をコントロールでき、合格に向けたラストスパートがかけやすくなるのでは…と、自分の経験からそう思っています。


■会場に下見にいくのもアリ!

試験1週間の土日は、会場に下見に行っていない人は行ってみるのもアリです。

詳しくは【診断士1次試験】この土日に試験会場に下見をしに行った方がいい理由というブログ記事に書き残しているので、よかったら見てみてください。


皆さんは今週末、どのような試験対策をしますか?