おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:16/8/26(金)】
国際政治の場でせめぎ合う各陣営が納得する未来を提示できる名予報官は存在しないのか。

(マス目調整含め40文字/2分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである

誰もが納得する未来を示す名予報官はいないだろうか。

であると考え、要約を作りました。

外部環境の変化については、第三段落の冒頭にある

国際政治の世界も、それぞれに圧力や風を持った陣営のせめぎ合いは行方が予想しにくい。

から要素を抽出しました。

日中韓外相会談やトルコ軍による越境攻撃を少しでもからめてしまうと、文字数が足りなくなるかロジックがおかしくなりそうだったので、外部環境の変化と主論だけで纏め切りました。

主語を文頭にすら置けなかったので自分の中では落第点ですが、今日の内容を40文字で納めるなら、これ以上は難しいです(私には)…。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?
weather
世界情勢も気になりますが、個人的には週明けにやってくる台風10号のことが気になります。

大きな影響がありませんように…。



※追記※
こちらの40文字の方がいいかも、です。

国際情勢は台風10号の様に予測不可能なので、誰もが納得できる名予報官が欲しい程だ。
(マス目調整含め40文字/1分で作成)