勉強2年目だった3年前の今日、何を勉強していたのかというと…
140829
2013年8月29日(木)の勉強時間:2時間12分

「ふぞろいな合格答案」を使いながら過去問を解いていた日だったようです。

上の画像を見て頂いても分かる通り、私、前日まで「ふぞろいシリーズ」って購入していなかったんです。

先輩診断士たちが、あれほど「ふぞろいを使うといいよ」と言っていたにもかかわらず。

先輩診断士たちは誰も、受験生の不合格者を増やしたくてアドバイスをするわけではないのに…。

解答同様、物事の見方・考え方が素直じゃなかったなぁと、今にしてみるとそう思います。


そうそう。

先輩からのアドバイスと言えば、私も言われた経験があるのですが…


■解答要素は多過ぎず少な過ぎず

がいいです。

点数が欲しいばっかりに列挙で要素を入れ過ぎると「で、結局のところ何がいいたいの?」という意味不明の解答が出来上がります。

こんな、日本語として成立していない解答に点数をくれるでしょうか?

(今年はどうなるか分かりませんが…)


■1~2要素少なくても素直でロジカルな解答

を書いている人の方が、点数がしっかり取れていて、得点の高いA評価になっているように感じます。

(今年はどうなるか分かりませんが…)

それから、


■読みやすい解答

を書いている人も、得点の高いA評価になっているように感じます。

読みやすい=漢字と平仮名のバランスが良いというところも含めて、です。)



みなさんは、どのような解答を作っていますか?

どのような解答になれば合格できると思いますか?