おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:16/9/16(金)】
私は蓮舫・新党首に対し、崖っぷちの党を再生できる様な実のある政治家になる事を望む。

(マス目調整含め40文字/4分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落にある

だから政治家としてのさらなる成長に期待をつなぎ、まずは臨時国会での挙措など拝見しよう。

であると考え、要約を作りました。

また、第四段落の最終フレーズである

起死回生、崖っぷちで再生をめざす党首にその滋味ありや。

は、第三段落にある

その焦りと危機感が、華のあるこの人を代表選で圧勝させたに違いない。しかしそこに実はなるか。実(じつ)をあげられるか。

にも関連しているので、

起死回生、崖っぷちで再生をめざす党首にその滋味ありや。

からも要素を抽出して40文字に反映させました。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?
lotus
その焦りと危機感が、華のあるこの人を代表選で圧勝させたに違いない。しかしそこに実はなるか。実(じつ)をあげられるか。

このフレーズ、重く感じました。

自分に照らし合わせると…私はどうだろう…。

中小企業診断士として、ひとりの人間として、華も実もある人になりたいです。