2016年の中小企業診断士2次筆記試験を受ける皆さんのもとには、受験票が届き始めている頃でしょうか。

1次試験の時と同じように、行ったことのない試験会場なら、下見に行っておくことをオススメしています。

Google Mapでは見破ることのできないトラップがあると、試験当日に余計な体力を使いますから…。

そうそう。

皆さん、試験本番に向けて勉強の進捗はいかがですか?

おそらく「試験本番まで2週間を切っているのに、修正したいことが、まだまだ出てくる」という悩みを抱えている人が大多数ではないでしょうか。

試験本番に向けて心配ですか?

いえいえ。
大丈夫です。

試験1週間前にも拘わらず、自分で作った解答の方向性が「とっ散らかって」、収拾がつかなくなっている経験をした合格者を知っています。

そう。
私です…。
141013
2013年10月13日(日)の勉強時間:8時間10分

勉強2年目だった3年前の今日、勉強をしていた内容のコメントにも、「とっ散らかっている状態」が書かれています。


■1つでも多く気付いて修正して自分のものにできたらOK


です。

完璧な状態で試験本番に挑める人なんていませんから。

私の場合は、試験直前まで


■経営者が分かりやすい解答になっている?


とか

■自分本意な解答を作って自己満足していないか?


など、どのようなレベルの経営者の方にもスッと理解してもらえるような解答になっているか拘って、トレーニングを続けていました。

解答に専門用語っぽいカタカナや短縮英語ばかり使うと「専門用語ばっかり使いやがって!上から目線のヤツ!」と思われます。

それに、おそらく、専門用語っぽいカタカナや短縮英語を多用した解答は求められていないでしょうし…。


修正したものを「素」の状態でも出せるように、本番直前まで、コツコツと!