おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:16/12/20(火)】
私は、気負わず各々の立場で支援できる社会であれば希望が失われることなどないと思う。

(マス目調整含め40文字/3分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである

だれもが気負わず、本田宗一郎や伊達直人になる社会であれば、希望は失われないと思う。

であると考え、要約を作りました。

主語を「私は」にすると決めた時点で

希望は失われないと思う。

という言い方をどう変化させるか、一瞬悩みました。

40文字という短い文章の中に「は」が重複するって微妙ですから…。

あとは、第一~第四段落の途中まで書かれている内容を「つまりどういうこと?」の視点で考え、「支援」というワードを40文字に使うことにしました。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?
hands
今年は診断士として全国各地に行くケースが増えた年でした。

そんなこともあり、今年のふるさと納税は今年お世話になった各地域に入れさせて頂いています。

これも私にできる一つの支援です。