おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:17/1/13(金)】
私は国内外に剥き出し続けるトランプ氏の対決姿勢が戦争への口火とならぬよう祈りたい。

(マス目調整含め40文字/3分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落にある

いつの間にか、こんなことになっていないよう祈りたい。

であると考え、要約を作りました。

こんなこと

は、同じく第四段落の最終フレーズである

「戦争が廊下の奥に立ってゐた」

であると考える事ができます。

つまり、今日の主論は

いつの間にか、「戦争が廊下の奥に立ってゐた」になっていないよう祈りたい。

であると考える事ができます。

ここまでいけば、あとは主語と要素を具体化できるフレーズを補うだけで大丈夫そうですね。

具体化に使った要素は、第四段落の

むき出しの対決姿勢では多様な意見を政策に反映できないし、求められる説明責任も果たせまい。

から抽出しています。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?
tekii
トランプ政権発足は、もう間もなくです。

日本にとり、私達1人ひとりにとり、吉と出るか凶と出るか。

トランプ政権の行方を見守っていく必要がありそうです。