おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:17/2/16(木)】
金正男はアジアを転々とする事で弟・正恩が放つスパイから身を守っていたのかもしれぬ。

(マス目調整含め40文字/3分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである

フーテンの風情は身を守るすべであったかもしれない。

であると考え、要約を作りました。

フーテンの風情

については、このまま40文字に含めてしまうと今日の春秋本文を読んでいない人が要約を読んだ時に「は?何のこと?」となるので、具体化します。

第二段落に分かりやすく

しかし亡くなった金正日総書記の長男なのに異母弟の正恩氏とは距離を置き、ひょうひょうとしてアジア各地に出没する姿はやはりフーテンの寅であった。

という文章がヒントとして書かれているので、ここから要素を抽出すれば具体化できそうです。

また、私は40文字の主語を「金正男」にしたので、述語部分を主論の

身を守るすべであったかもしれない。

を「誰から」

身を守るすべ

だったのか具体化する必要が出てきました。

「誰から」という点は春秋本文に明示されていませんが、第三段落を内容を読んで「つまりどういうこと」の視点で纏め、40文字の中に含めました。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?
merdekasquare
上の画像はクアラルンプールにある「ムルデカ スクエア」です。

今回の報道はまるで映画のような非現実性を感じるものでしたね。

しかし、起こっていることは現実。

恐ろしいです…。