おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:17/2/19(日)】
私はJASRACが音楽教室にまで著作権利用料を請求する強引さと管理の独占ぶりに閉口する。

(マス目調整含め40文字/2分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の

もっとも、かのJASRACのコワモテぶり、著作権管理の独占ぶりにはいささか閉口する。

であると考えて、要約を作成しました。

最終フレーズの

ややこしいからと、レッスンはクラシック限定にする教室が出てくるかもしれない。

よりも

もっとも、かのJASRACのコワモテぶり、著作権管理の独占ぶりにはいささか閉口する。

の方が言葉の強み・厚みを感じたからです。

なお、私は

コワモテぶり

について、このまま40文字に使用すると、今日の春秋本文を読んでいない人が要約を読んだ際に「は?何のこと?」となりかねないと判断し、少しだけ具体化しました。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?
piano
JASRACをめぐる騒動が続いていますね。

どのような決着をみるのかは見当もつきません。

ただ、自分自身に照らし合わせると、自分のルールばかりを押しつけるのは微妙なことだと、今日の春秋本文を読んで再確認できました。

充実した日曜日が過ごせますように!