この、因果が繋がっているような繋がっていないような微妙なタイトルにしたのには、理由があります。

勉強2年目だった4年前の今日やっていた勉強内容を見て思い出したことがあったからです。
140228
2013年2月28日(木)の勉強時間:2時間40分



◆テキストを読んでいるとデキる気になる


特に勉強1年目の、診断士試験をどう攻略したらいいのかサッパリ分からない頃の話です。

基礎がしっかりできていないのに問題を解くので、まぁ解けない問題が多いです。

すると、問題を解けない自分にムカついて、テキストを読み始めます。

間違った論点の基礎知識を入れ直すためにテキストを読むなら身になるのでOKですが、勉強時間を確保しようとダラダラと読んでしまう。これ、ダメダメです。

だって、記憶に残りませんもの。


◆正しいテキストの使い方がある


問題を解く

解けなかった論点とその周辺知識が書いてあるテキストの箇所に戻る

2晩くらい寝かせる

記憶が曖昧になりそうな頃に解く

解けたら今度は1か月後に解く
解けなかったらテキストに戻る

私が勉強2年目にして構築したルーティーンはこれでした。

お陰さまで自分に合っていたらしく、少しずつですが基礎力を積み重ねることができました。


◆解けない自分に焦っていませんか?


答練・演習・模試で自分の周りに高得点者が出ると、正直、焦ります。

でも、そこで焦っても基礎力は急激には伸びません

毎日コツコツと積み重ねていくための策を編み出し、やり続けてみる。

すると、試験前くらいには短期記憶で点数を稼いでいた人など追い抜けているはずです。

今の勉強方法、自分に合っていますか?

その勉強法で結果が出そうですか?