おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:17/3/21(火)】
都議会は空振りで証人喚問を終えた今、豊洲問題を今後いかに追求するか力量が問われる。

(マス目調整含め40文字/2分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである

豊洲についてもこの先、議会はどう追及していくつもりなのか。そこでこそ力量が試される。

であると考え、要約を作りました。

基本的には主論とした文章に主語を補いつつ、時制部分について少し具体化した程度で40文字を作ることが出来ました。

なお、40文字に「空振り」という単語を使っていますが、これは第二段落の

さて国会喚問の地方版、東京都議会百条委員会の証人喚問である。こちらは名言も迷言も聞かれないまま、ヤマ場を過ぎてしまった。

や、第三段落の

汚染が懸念される豊洲に市場を移転する絵を誰が描き、主導したのかという素朴な疑問にはっきりとした答えは出なかった。

の文章から「つまりどういうことか」という視点で具体化した結果として使ったワードです。

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?
tocho2
この三連休中に行われた東京都議会百条委員会の証人喚問では、何も目新しい物は出てきませんでしたね。

個人的には、豊洲の問題をどこで着地させるのか見当もつきません……。