4月も3分の1が経過しましたね。

1日1日が過ぎ去るスピードが早過ぎると思うのは、私だけでしょうか…?

ちなみに、勉強2年目だった4年前の今日、何を勉強していたのかというと…
140412
2013年4月12日(金)の勉強時間:3時間15分

  • 財務・会計
  • 経済学・経済政策
といった、勉強1年目で苦手意識が芽生え、勉強2年目で「なんとか克服しなければ合格できない」と思っていたこの2科目について勉強していた日だったようです。

苦手意識って、一度芽生えてしまうと、そう簡単には払拭できない「やっかいな意識」ですね。

コツコツと勉強を積み重ね、初見問題で結果が出るようになってはじめて、「少しはいけるかな…」と思えるようになるのではないでしょうか。


さて。
あと20日弱でゴールデンウィークです。

今年もそんな時期なので、このテーマについて書いておきたいと思います。

GWの勉強時間話<経験談>


合格した年のゴールデンウィークに何をどのくらい勉強していたのかという内容については、【診断士1次試験】【診断士2次試験】合格年のGWってどんな勉強内容&生活だった?というブログ記事に書き残していますので、よかったら参考にして下さい。

そこで、なのですが、私から経験含めGWにやっておきたい3つのことを提案させて下さい。


◆提案1:最低限、模試は受けてみたら如何でしょう?


初見問題をアウトプットする機会って、1次も2次も実は少ないです。

また、そんな初見問題を、周りに受験生がいる状態で解く機会は、更に少ないです。

ですから、

●1次残っている人
LECの1次ステップアップ模試を、可能なら会場受験してみてはいかがでしょうか。

●2次だけ残っている人&今年2次まで合格してしまいたい人
TACの2次チェック模試を、可能なら会場受験してみてはいかがでしょうか。

私が勉強1年目・2年目と2年連続でLECのステップアップ模試を受けた経験については【診断士1次試験】5月開催のLEC1次ステップアップ全国模試を受けてみては?<今年も言います!> をご覧ください。

また、TACの2次チェック模試を受けた経験については【診断士2次試験】今月末のTAC2次実力チェック模試って受けるべき?をご覧ください。


◆提案2:ファイナルペーパーを作ってみたら如何でしょう?


みなさん、何かしらの形でファイナルペーパーを作っているのではないでしょうか。

しかし、そのファイナルペーパー、最新ですか?

直近で分からなかった論点も含まれたファイナルペーパーですか?

特に受験校に通っている人は、5月のGW以降アウトプット祭り(答練・模試)が週2本ペースくらいであるはずなので、各科目の苦手論点をインプットしていくだけで精一杯になります。

そうなる前に、ファイナルペーパーをはじめとした暗記ツール系を準備しておくべく、GWを使ってみては如何でしょうか。

もし、1次対策でファイナルペーパーを作る暇がないなら、こんなものもオススメです。





これらのポケットブック(旧名称:ポケットテキスト(ポケテキ))をどう使ったか…という経験談については【診断士1次試験】ポケテキを使った簡単ファイナルペーパーとはコレ!というブログ記事がありますので、よかったらご覧ください。


◆提案3:少し休んでみては如何でしょう?


特に受験校に通っている人は、5月のGW以降アウトプット祭り(答練・模試)が週2本ペースくらいで始まったら、1次試験当日まで休んでいる暇ゼロです。

心の底からゆっくりできる最後のチャンスと言っても良いと、私はそう思いました。

ただ、勉強ゼロ時間をすると勉強習慣が乱れるのでオススメしません

GWは少しだけ勉強をして、あとは好きなことをするという日を作ってみては如何でしょうか。


皆さんにとって、合格に1歩でも近づく、有意義なゴールデンウィークとなりますように!