おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:17/5/18(木)】
私は、眞子様に棘のない慎ましやかさを願った秋篠宮ご夫妻が抱く今の気持ちを想像した。

(マス目調整含め40文字/4分で作成)


【要約のポイント】
今日は主論をどれにしたらいいか迷いました。

第四段落の最終フレーズである

眞子さまのお印にこの花を選んだご夫妻のお気持ちを想像した。

って、何だか主論っぽくないです。

珍しく何回か読み、その上で「これが主論かなぁ」と思えたものが、第三段落の

ご夫妻は、愛娘からの交際の報告をどう受け止められたのだろう。

です。

冷静に考えると、

眞子さまのお印にこの花を選んだご夫妻のお気持ちを想像した。



ご夫妻は、愛娘からの交際の報告をどう受け止められたのだろう。

も、娘に対する親の想いという点で共通しているのですよね。

…ということで、この2つの文章を使いつつ、今日のような40文字にしてみました。

(悩んだ分、「置きにいった」40文字になっています。)

皆さんはどの様に考え、纏めましたか?
モッコウバラ
モッコウバラには「初恋」「純潔」「素朴な美」といった花言葉があるようです。

まさに眞子様にピッタリな「お印」ですね!