TAC中小企業診断士1次模試まで残り数日となりましたね。模試を受ける皆さん、勉強は順調に進んでいますか?

勉強2年目だった4年前の今日、何を勉強していたのかというと…
140628
2013年6月28日(金)の勉強時間:9時間00分

平日の金曜日でありながら、このくらいまでは勉強していました。

試験本番前日に有給休暇を取るなら、もう少し勉強時間が延びるかもしれませんが、それでも模試前日・試験本番前日の勉強時間としては、このくらいの時間ではないでしょうか。


見模試前日=試験本番前日だと思って対応し


模試当日だけではなく、模試前日も、試験本番前日の「模擬」です。

試験当日に後悔しないためにも、模試当日・前日・まさに今も、試験に向けた「模擬」をして下さいね。


◆点数以外にも目標を設定する

模試というと、どうしても点数にだけ着目してしまいがちです。

しかし、試験本番に向けて「ここはこう改善できていたい」という目標って、大なり小なり誰もが抱えているはずです。

そこで、模試へ挑戦際には、点数以外にも目標を設定してみましょう。


◆私が立てた模試の目標とは?

勉強記録をつけているStudyPlus(スタプラ)には、こんな目標が書き残されていました。

個人的には、
  • 経済・財務で大破してもあとの科目(企業経営理論・運営管理)に引きずらない
  • 落ち着いて、ちゃんと問題を読む
  • 簡単な問題・計算ほど再確認
の3点が目標です。


◆勉強1年目で受けた試験からの教訓

これは1つめの「経済・財務で大破してもあとの科目(企業経営理論・運営管理)に引きずらない」です。

引きずりまくったんです、本当に。自分でもビックリするくらい引きずりました。

年1回の試験だという緊張感が、いつもの私から冷静さを失わせていました。

そのくらい、自分自身をコントロールするのが難しいのが、中小企業診断士試験です。

勉強1年目の試験当日を教訓に、「経済・財務で大破してもあとの科目(企業経営理論・運営管理)に引きずらない」を模試で「模擬」しょうと思ったのです。

模擬でできれば、試験本番だって、かなり良い確率で実践できるはずですから!

ちなみに、具体的な「引きずらない方法」ですが、簡単です。

終わった科目のことを考えない」。
これに限ります。

だって、くよくよしても、一度提出した解答用紙は戻って来ませんから。


◆あとはケアレスミス対策

「落ち着いて、ちゃんと問題を読む」も「簡単な問題・計算ほど再確認」も、立てたケアレスミス対策がしっかりと生きるか、確認します。

「これ、みんな解けるの?」という問題では差が付きません

だって、みんな解けないから。

しかし、みんなが解ける問題でケアレスミスをすると、あっという間に差が付きます

その1問、その1点が合否を分ける恐怖。そんな恐怖と闘う為にも、事前に何度も練習したケアレスミス対策が生きるのか、模試で試すのです。

私がやったケアレスミス対策
  • 正解を答える場合には○印を、不正解を答える場合には△印を大きく書く(目で判断)
  • 計算問題は複数の解き方で検算
  • 解答用紙に解答を9割がた書き込めたら一度にマークシートに塗る(作業の同一化)
そんなところでしょうか。



皆さんはTAC模試で何を「模擬」しますか?