勉強2年目だった4年前の今日、何を勉強していたのかというと…
140629
2013年6月29日(土)の勉強時間:11時間25分

そうです。
TAC中小企業診断士1次模試の1日目(経済学・財務会計・企業経営理論・運営管理)でした。

模試の時間を入れて11時間25分という勉強時間ですが、細かく内訳を見てみると、
  • 模試前:2時間50分
  • 模試後:4時間05分
という勉強時間になります。

ということで、今日はこんなテーマを


模試当日の行動&模試後(1日目→2日目にかけて)の行動も計画できている?

◆模試当日(=本試験当日)は何時に移動する?

人身事故など電車が大幅遅延してしまっては(救済措置はあるでしょうが)心理的に落ち着きがなくなって、いつも通りのパフォーマンスができない危険性があります。

また、暑い日が続くので、少しでも涼しい時間帯に移動して体力を温存したいという気持ちがありました。

そこで、模試会場(本試験会場)の最寄り駅に朝7時には着くようにしていました。


◆模試当日(=本試験当日)はどこで自習をする?

他のお客様の迷惑にならないように…が前提ですが、試験会場近くのカフェ・ファーストフード店が最後の自習場所候補になりやすいです。

私の場合は、勉強1年目(試験会場:赤坂)の時も2年目(試験会場:市ヶ谷)の時も、会場近くにスターバックスがあった(朝7時開店)ので、スターバックスにお世話になっていました。
スターバックス
ちなみに、模試の時には、一時期朝勉強会で使っていたカフェ(こちらも朝7時開店)にお世話になりました。


◆模試当日(=本試験当日)は何を見て自習をする?

実は、この要素を見落としている人、結構います。

「テキストみればいいじゃない!」みたいな。

しかし、緊張感のある中でテキストの文字なんか見ても、なかなか頭に入って来ません

時間が無駄に過ぎるだけです。

ですから、(今更言うなよという気はするのですが)試験当日の自習用に1つツールを作っておくことをオススメします。

可能なら、直前まで覚えられなかった論点をまとめるのがよいのですが、「纏めている時間がもったいない!」というなら曖昧な論点に関する問題を写真に撮ってフォルダ分けしておくとか、ポケットブック(旧ポケットテキスト:ポケテキ)を活用してファイナルペーパーを作るのもアリです。

ポケットブック(旧ポケットテキスト:ポケテキ)とはコレ↓ です。
(リンク先はAmazonです)


実際、私がどのようにファイナルペーパーを作ったかということについては【診断士1次試験】ポケテキを使った簡単ファイナルペーパーとはコレ!というブログ記事に書き残していますので、よかったらご覧ください。



◆模試(=本試験)1日目の後は何時間勉強する?

まさか模試だからってビール飲んだり勉強しないという人はゼロだと思いますが…。

一応、経験から言えることは
  • 暑い
  • 緊張感MAX
  • 疲労度MAX
という中で1日目を終えるので、自分が思っている以上に1日目の後って勉強できないものだということです。

私の場合は、
  • 1日目を終えたら受験科目数×2時間程度の勉強で終えて寝る
  • 翌日は早く起きて受験科目数×2時間程度の勉強をする
という作戦を取りました。

何かの本で読んだのですが、人間は寝ている間に記憶を定着させようとするのだそうです。

そうです! 頑張って最後の追い込みをして詰め込んだ論点を定着させるためにも、睡眠は重要です。



いかがでしたか?
みなさんはここまで準備して模試(=本試験)に備えていましたか?

もちろん、ここまでしなくても受かる人はいるかもしれません。

それでも、1%でも合格できる可能性を高めたいなら、自分が後悔しないようにするためにも、準備的るところは徹底的に準備しておいでもよいのではないでしょうか。