おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:17/7/27(木)】
日本は各国首脳の予測不能な行動に驚き慌てぬ様、多彩な選択肢を用意し備えるしかない。

(マス目調整含め40文字/2分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである

この先も相手方が繰り出すあの手この手に驚き慌てることなく、様々な選択肢を用意して備えるしかすべはない。

であると考え、要約を作りました。

今日は主論とした文章の中に重要な要素が複数入っていたので、基本的には主論とした文章を崩さずに40文字を作りました。

ただ、主論とした文章を軸に因果文を作ろうとすると、どうしても根拠のある「因」部分を設定することが出来なかったので、主張一発の40文字にしています。

なお、

相手方

を具体化するために、第三段落や第四段落の内容をもとに「つまりどういうこと?」の視点で纏めて40文字に反映させています。

皆さんはどのように考え、纏めましたか?
選択
政治の場だけではなく普段の生活の中でも、色々な可能性を模索して複数の策を講じるということは大切です。リスク軽減にも繋がりますし。

多面的に物事を見ることが出来ているか、この機会に再度、自問自答してみたいと思います。