おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:17/9/21(木)】
日本は地震の続くメキシコに、災害対策の難しさを知る国同士として、できる援助を急げ。

(マス目調整含め40文字/4分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである

同じ課題に立ち向かう国同士として、できる支援を急ぎたい。

であると考え、要約を作りました。

今日も、主論とした文章に主語がないため、40文字の文頭に主語を置きつつ、

同じ課題に立ち向かう国同士

の部分を具体化しています。

同じ課題に立ち向かう国同士

を具体化するためには、直前の文章である

地図の上では遠い国のようだが、災害の国という点ではきょうだいのような関係だ。

をヒントにし、要素を抽出して40文字に反映させています。

また、

同じ課題

については、第三段落にある

ただでさえこの種の警報は慣れなどで無視されがちだ。災害対策の難しさを思う。

の文章ともリンクしていると分かるため、こちらからも要素を抽出して40文字に反映させています。

皆さんはどのように考え、纏めましたか?
メキシコ市場
(メキシコの市場の写真です)
メキシコでの地震、続いていますね。

日本でも嫌な揺れ方をする地震が相次いでいます。

個人でできる防災対策について、この機会に考え直したいと思います。