中小企業診断士 2次筆記試験まで1週間を切りましたね。

受験される皆さんは、どのような心境ですか?

毎年このくらいの時期になると「試験前最後の月曜日~土曜日はどのように過ごした?」という質問をいただくので、ブログにも書き残しておきますね。

私が最初で最後の2次筆記試験を受験した時、2013年10月20日(日)が試験日でした。

ですから、以下には2013年10月14日(月)~2013年10月19日(土)のことについて書きます。


中小企業診断士2次筆記試験前最後の月曜日~土曜日までの勉強内容・量<実体験>


勉強記録としては以下の通りです。
141014
141015
141016
141017
141018
141019

◆試験前最後の月曜日~土曜日までの「勉強のおとも」

  • 過去問
  • ふぞろいな合格答案シリーズ
  • 自分で作成した「気付きノート」

この3種類のみです。

まさか、今頃、受験校の問題を解いている人、いませんよね?
もし解いているなら試験本番と感覚が狂うので止めましょう


◆試験前最後の月曜日~土曜日までの「勉強内容」

選んだ問題は、今まで解いた問題の中でも、自分の中で違和感が残っている過去問ばかりです。

ちなみに、受験生時代に一番解いたのは、H24の事例Ⅰです。


◆試験前最後の月曜日~土曜日までの勉強時間

月曜日:5時間10分
火曜日:1時間15分
水曜日:8時間06分
木曜日:7時間38分
金曜日:5時間07分
土曜日:4時間33分
―――――――――
合計:31時間49分

時間にすると、こんなもんです。


●1次試験の追い込み時よりも勉強時間、少なくない?


そう感じた人、多いかもしれませんね。

確かに、1次試験の追い込み時よりも2次筆記試験の追い込み時のほうが勉強時間が少ないです。

なぜか。


◆2次筆記試験の残り1週間で詰め込める内容は「ごく僅か」


だからです。

1次筆記試験では、暗記をしておけば2点~4点GETできる問題は少なからずあります。

しかし、2次筆記試験で暗記を必要とするのは
  • 計算式
  • 1次知識の意味
くらいではないでしょうか


◆2次筆記試験の1週間前は「筋力」と「瞬発力」を落とさないことが大切


私はよく、2次筆記試験をフィギュアスケートに例えています。

  • 2次筆記試験の当日=試合当日
  • 試合までの1週間にやること
    ∟通しで演技ができるような練習
    ∟ジャンプやスピンの練習
    ∟メンタルコントロール

私はフィギュアスケート選手ではないですが、おそらく、こんな練習をしているのではないでしょうか。


中小企業診断士2次筆記試験までの1週間も一緒。

  1. 通しで演技ができるような練習=80分間の通し練習
  2. ジャンプやスピンの練習=解答を作る練習(「型」の確認)、計算練習
  3. メンタルコントロール

この1週間は、この3つの練習に徹して下さい。
回転数は関係ありません。
筋力や瞬発力を落とさないよう、それから、セルフコントロール。

残り1週間で伸びない事はありませんが、1次試験の時のように大きく伸びる事はありません

1次試験とは調整方法が異なる、残り1週間です。
悔いの残らないような1週間としてくださいね!