3日後には中小企業診断士2次筆記試験。

このタイミングで、日本中の試験会場では、5年ぶりに雨&寒いかもしれないという予報が出ているようですね。

雨

5年ぶり…そうです。
5年前、私は、雨の中&寒さの中、試験を受けていました。

今回は、5年前の雨&寒さの中で試験本番を迎えた私が持参して良かった物を紹介したいと思います。


雨&寒さ対策:中小企業診断士2次筆記試験で役立った物


まずは雨対策から。

◆レインブーツ(長靴)&試験中に履く靴

レインブーツ

試験当日が雨だと分かったその瞬間から、体力温存と平常心キープのため、試験会場の最寄り駅から会場まではタクシーで移動しようと決めていました(確か1メーターとか2メーター)。

とはいえ、タクシーに乗るまでの間に靴・足元が濡れて不快感があっては平常心キープに繋がらないと考え、
  • 移動中:レインブーツ(長靴)
  • 試験中:履きなれた「いつもの靴」
という装備にしました。

これが効果テキメン!

足元や洋服など、雨の鬱陶しさをほとんど感じることなく、試験に集中することができました。

また、「近くて申し訳ありません。年に1度の国家試験なので安全に着きたいのです」と運転手さんに言って乗車したところ「頑張ってきて下さい!」と気合いを頂きました。

私、「頑張れ」っていう言葉は(色々あって)嫌いですが、あの運転手さんが笑顔で言ってくださった「頑張ってきて下さい!」からは良い運気を貰えたと感じられました。



次に雨対策でもあり防寒対策でもあったものを。


◆大判のバスタオル&モフモフ靴下

モフモフ靴下

大判のバスタオルは
  • 雨に濡れた体や持ち物を拭くため
  • 椅子が硬かったら座布団代わりに敷くため
など、色々と使えのでは…と考えて持参しましたが、結果的には膝掛け(防寒対策)として使いました

モフモフ靴下も持参しましたが、履かずに終了。
そこまでは寒くなかったんですよね。
(試験会場の空調がちょうど良かった、のかも。感謝!)


あと。
今から考えればセーフだったのですが、「無意識のうちにやっておいてよかった~」という持ち物(?)も参考までに。

それは…


◆脱ぎ着しやすい服装


その時の気温や試験会場の空調状況によっては、試験会場が暑くなるパターンもゼロではありません

外が寒い→暖かい服装

だけではなく

試験会場が暑い→なんなら半袖でも受けられるような脱ぎ着しやすさ

も検討してみて下さい。


ちなみに、勉強関連の持ち物については【診断士2次試験】あやまめが合格年の2次試験に持っていった物<勉強編>というブログ記事にも載せているので、よかったら参考にして下さい。



ドキドキしているようであれば大きく深呼吸を!
「大丈夫!きっと上手くいく!」