おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:17/10/27(金)】
日本語は「やばい」をはじめ、勘違いされかねぬ両極端の意味を持つ語がある為、難しい。

(マス目調整含め40文字/5分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである

日本語がまた難しくなる。

であると考え、要約を作りました。

因果の「因」部分については、第四段落の

ただ、本来の意味も健在だからややこしい。シニア世代が「安倍1強はやばい」と言えば、自民党支持が多いとされる若い人たちが「そう、安倍さんてヤバい」と勘違いの同意をしてしまう……などということがないとも限らぬ。

から要素を抽出して40文字に反映させています。

最初は、日本語の話ではなく政治の話が主論なのかと思って何度か読み返したのですが決定打に欠けたので、日本語の話のまま着地させました。

皆さんはどのように考え、纏めましたか?
辞書メガネ虫眼鏡

分かりやすく端的に。

中小企業診断士として活動するようになってから、それまで以上に日本語の大切さ、コミュニケーションの大切さを実感する機会が増えています。

士業として恥ずかしくないように。

毎日の春秋要約が中小企業診断士活動にも生きています。